キャンペーン&TLランキング情報はこちら>>
めぐちゃん
めぐちゃん

毎週水曜日は1巻半額>>

毎日更新!

最新のTLランキング&キャンペーン&割引券情報が今すぐ知りたい方はこちら!

メディア化作品情報はこちら>>

TL漫画ランキングはこちら>>

BL漫画ランキングはこちら>>

+大型ポイントバックも受けられるよ。

 

現在、ブログ移行中のため、デザイン修正中です。

ご不便をおかけします。

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話 切なさが溢れる…

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話 切なさが溢れる…※ebookjapanより引用BL

今回は、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話、あらすじ・見どころ・感想について紹介する予定です。

電子版で、囀る鳥は羽ばたかない46話が公開されたので、ネタバレを紹介していきます。

 

囀る鳥は羽ばたかないは各電子コミックサイト人気BLランキング上常連、映画化作品です。

大人気BL漫画で、BLジャンルの枠を超えた面白い漫画。

 

BLに興味がなかった人も読み始めたらドハマりしたという方も多く、映画化もされているのでぜひ読んでみてほしいです。

めちゃくちゃ面白いし、囀る鳥は羽ばたかないを読み始めたら最新話まで気になると思います。

 

そこで今回は、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話を後悔します。

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話をわたしは電子版で読んでいるため、ちょっと出遅れましたが、楽しんでいただけると嬉しいです♪

めぐちゃん
めぐちゃん

TL・BL漫画依存症のめぐちゃんです。

TL・BL漫画を月300冊以上読んでいるわたしのおすすめ作品なので、ぜひ試してくださいね。

ebookjapanなら半額で購入できます!

いますぐ絵つきでチラ見したい人は、ここで無料試し読みできましたよ♪↓
囀る鳥は羽ばたかないihr HertZで読む>>
(ebookjapanへ)
囀る鳥は羽ばたかない単行本はこちら>>
(ebookjapanへ)
初回限定最大6回、
1回500円まで割引できる半額チケットも配布しています。

<<囀る鳥は羽ばたかないネタバレ45話はこちら

絵が上手いBL漫画をもっと読みたい方はこちら↓

絵が上手いBL漫画まとめ>>

ここからネタバレあり↓

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ・あらすじ46話の前に!

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ・あらすじ46話の前に!

囀る鳥は羽ばたかない46話のコンパクトなあらすじ・ネタバレ&独自の評価はこちら♪

俺でも構わないですよねと、矢代をマンションに引っ張り込む百目鬼。
動揺し抵抗する矢代に、百目鬼はエレベーターでしてもいいんですよ?という。
自宅につくと、やりたきゃさっさとやれと言う矢代を強引に押し倒す。
百目鬼に触れられ感じながら…前と違う…と思い、すぐに達してしまう矢代は、女ができたことを知った。
さらに百目鬼に攻められ…百目鬼は冷めたようなセリフを残し、部屋を去る。
矢代は百目鬼が去るとひとり震え…。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

めぐちゃんの感想
絵のきれいさ :★★★★★
エロ度      :★★★★★
ハマり度     :★★★★★
1話価格    :★★★★★
ストーリー性:★★★★★

<<囀る鳥は羽ばたかないネタバレ45話はこちら

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話 溢れる切なさ…

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話を予想とは裏腹に、悲しいシーンが続いて辛くなりました…。

予想では、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話で、百目鬼が激しく矢代を求めるんじゃないかと思っていたんですが💦

 

全然違いました(´;ω;`)

まあ、ドキドキシーン充実していましたけどw

 

それでは、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話をご覧ください。

 

百目鬼は強引に矢代の腰を掴み、俺でも構わないですよね?と矢代に言い放つ。

矢代は動揺を隠せず、離せと抵抗。

 

マンションのエレベーターで見つめ合うと、ここでしてもいいんですよ?と一言。

でも、矢代はしたくない…と返す。

 

結局、人が来るかもしれないと自宅のフロアを伝えた。

エレベーターに乗っている間も、矢代の妄想が広がる。

 

強引に百目鬼に激しいキスをされる…百目鬼に見つめられているとおかしなことを考えてしまうな。

部屋に入るとベッドルームへ強引に引っ張りこまれ、矢代はやりたきゃやれよと言った。

 

百目鬼は自分では不足なのかと聞くと、矢代は相手を選ぶ権利があると抵抗。

だが、百目鬼は誰でもいいんじゃないかと言いながら、昨日はやれって言ったでしょと。

 

押し倒しながら、勝手すぎる…そう言って、全く変わっていませんねと百目鬼。

さっさと済ませろと矢代が言うと、百目鬼は俺が済ませるんじゃないと言って、矢代に触れていった。

 

触れ方が違う…女ができたのか…。

それを想像すると…簡単に達してしまう。

 

百目鬼に女がいるんだろと聞くと、矢代は寂し気な表情で帰れと一言。

だが、百目鬼はまだですと言って…矢代の後ろをく刺激していく。

 

縛った方がいいかと聞くが、もういい…そう言って…。

百目鬼はことが済んでも、矢代に触れたくなり…。

 

百目鬼はうちと仕事している間は、俺が相手になりますと言う。

井波へ情報が漏れることを危険視した発言を続け、冷たい視線を向けた。

 

矢代はひとりになると震え…。

 

はああああ!

もう!もう!

 

泣きたくなりましたよ、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話読んだら。

切ない…。

 

お互い激しく求めあうのかと思ったら、百目鬼がひどい!

矢代も泣きそうな感じで…。

 

もう、わたしが泣いちゃうよ!

代わりに泣いといてあげるよ!って感じでした。

 

はああ、続きが気になるううう!

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ47話はこちら>>

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話見どころは切なさが感じられるシーン

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話見どころは、切なさが感じられるシーンですね。

全体的にドキドキシーン豊富で、終始バクバクだったんですが…。

 

矢代と百目鬼の想いが出ている切ないシーンがたまりませんでした。

百目鬼もあんな態度なのに、井波を前にしたときの強引さ、ことが終わってから触れたいのに触れられなかった行動、言い訳を冷たく言い放ったところが…切なーーーい!

 

矢代の方も百目鬼に抱いてほしい…そんな心がひしひしと感じられました。

妄想で百目鬼に激しくキスをされるところが…いやーーん!

 

ドキドキするううう!と思ったのに、妄想…。

という悲しさで、さらにラストもひとり震えているのが(´;ω;`)

 

もう泣く!

もう、わたし、泣いちゃう!って言いたくなりましたw

 

切なくて切なくて…。

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話は、ドキドキシーン多めだったのに、切ない感じが上手く表現されていました。

 

はああ、囀る鳥は羽ばたかない次話が気になります(´;ω;`)

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話矢代と百目鬼の心の内を読み解いてみた

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話の2人のドキドキなシーンは、結構、心の中がグルグルなっている感じがしました。

百目鬼の言葉や行動を見ると切なさが溢れてきます。

 

なので、囀る鳥は羽ばたかないネタバレ46話のそれぞれの心の内を読み解いてみました。

まず、百目鬼から。

百目鬼は強靭な精神力で矢代への想いをひた隠しに

井波から矢代を連れ去ったのは、情報漏洩が心配だからというのは建前だと思います。

というのも、百目鬼は最初から矢代のことを綺麗な人と思っていて、心惹かれるのが止まりませんでした。

 

また、付き合いが深くなれば深くなるほど、その気持ちは強くなっているように思えました。

だからこそ、離れていても矢代への想いは変わらず、強い気持ちがあると思います。

 

なので、井波から矢代を連れ去ったのは…「ほかの男に抱かれてほしくない」という気持ちが一番だったのでしょう。

また、46話ではないですが、井波から着信があったのにもショックを受けていますよね…。

ほかの男に抱かれている、前と変わっていないことに怒りさえ覚えていたのではないでしょうか?

 

そんな激しい気持ちをどうしてストレートに表さないのか?というところですが、矢代はセフレがいればいいというところがあります。

矢代が唯一愛した男は、同級生の男。

そして、その想いは実りませんでした。

唯一の恋。

それ以外はどうでもいい…そんな感じでしたよね。

 

矢代は面倒になりそうな相手とは関係を持たないですよね。

例えば部下には手を出しませんし、目の色変えたやつは因縁つけて首切っていたと言いますから。

だからこそ、百目鬼はその気持ちが矢代にバレたくない…そう思ってもおかしくありません。

 

矢代が百目鬼に女ができたのだろうと指摘したときも、あえて否定していません。

そうすることで、矢代に惚れている面倒なやつと思われることもないから。

そして、そう思わせることで、仕方なく相手をしていると思わせられるから。

 

ちょっと悲しいですが、矢代との関係を良好に保つには…こうするしかないのかもしれませんよね。

また、百目鬼の気持ちが溢れているシーン。

そう!

矢代の背中に触れるか触れないかのところに、手を伸ばしているシーン。

 

これがまた切なさをうまく表現しています。

気持ち的には触れたい、愛したい。

でも、触れた途端、気持ちが溢れてしまう、矢代にバレてしまう…だからこそ、ハッとして触れるのをやめたという感じがしました。

めちゃくちゃ切ないですね。

 

好きな人に触れたい、抱きしめたい、激しく優しく抱きたい…そんな気持ちをすべて抑えて、矢代への想いを持ち続けている…そんな気がしました。

百目鬼への気持ちがあるのに素直になれない矢代

井波の前から百目鬼に強引に連れ去られた矢代は、憎まれ口をたたきながらも、エレベーター内で激しくキスされる妄想が広がっています。

百目鬼といると余裕がなくなる…そんな感じがしますね。

だって、矢代は欲望を満たせればいいって感じですからw

 

キスは愛情って感じがするから、百目鬼から激しくキスされているのは…愛されたいって気持ちから妄想が広がっているのかなって。

俺にも選ぶ権利があると言いながらも、抱かれたいという気持ちが強い…そんな気持ちが伝わってきました。

自分でも百目鬼に対しては冷静でいられないのもわかっていますよね。

 

そんなに百目鬼に惹かれていながらも、百目鬼に女がいる(実際にはいないと言っていました)と知ると、動揺しつつも想像してすぐに絶頂へ。

性癖なんでしょうが…ショックを受けながらも、達してしまうんですよね。

百目鬼の愛し方に反応したのは、百目鬼の愛情が現れていたからなのでは…と思いました。

 

最後に百目鬼が去ってから、矢代が震え泣いているように見えるシーンですが、ここはいろいろな想いが伝わってきました。

自分は何をしているんだろう?

百目鬼には自分は過去のことになっている。

自分はまだ百目鬼を引きずっている。

百目鬼には女ができていた。

なぜ百目鬼は自分のことをずっと思い続けると思い込んでいたのか…。

これから自分はどうしたらいいのか…。

そんな思いがこみ上げているのではないかと思いました。

矢代も百目鬼も気持ちがすれ違っている感じで、切なすぎますね…。

次話がどのように展開されるのか、楽しみですが、その反面、悲しい方向に進んでいくのもツラすぎますよね(´;ω;`)

ebookjapanなら半額で購入できます!

いますぐ絵つきでチラ見したい人は、ここで無料試し読みできましたよ♪↓
囀る鳥は羽ばたかないihr HertZで読む>>
(ebookjapanへ)
囀る鳥は羽ばたかない単行本はこちら>>
(ebookjapanへ)

初回限定最大6回、1回500円まで割引できる半額チケットも配布しています。

囀る鳥は羽ばたかないネタバレ47話はこちら>>

絵が上手いBL漫画をもっと読みたい方はこちら↓

絵が上手いBL漫画まとめ>>

過去あらすじ・ネタバレ&関連記事
スポンサーリンク

Renta!ランキング

タイトルとURLをコピーしました