黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛・結の幼少期の魅力

さくらの恋猫

今回は黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛・結の幼少期の魅力に迫ってみました。

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛はすみ先生の人気TL漫画ですが、まだまだ話数が少ないです。

しかし、TL漫画のランキング上位をキープしており、人気がハンパない!

わたしも黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛にドハマリしている一人。

特に宗一にハマる人が多いんですが、ヒロインの結もとても魅力的なので、今回は宗一ではなく結の魅力に迫ってみました!

1話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanサイトへ)

※頻繁に無料キャンペーンや割引キャンペーンがあります♪
初回は最大6回まで半額になる券もありますよ!

ここから先はあらすじ&ネタバレありです。↓

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛の結の幼少期

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛の結は幼少期から愛らしいです。

結自身は宗一と佑志郎のことを天使と行っていましたが、結も天使のようにかわいい子でした。

美男美女という感じですよね。

幼少期の結をまとめました。

    • 宗一・佑志郎の隣の家に住んでいた
    • 二人の幼なじみ
    • 小さい頃から宗一が好き
    • 宗一に無理して笑うことはないよと言ってあげた
    • 小さい頃は3人でよくゲームなどであそんでいた
    • 宗一にどんな人と結婚したいか話したことがある
    • 結のいる場所はいつも暖かいと宗一に感じさせていた
    • 小さいころから宗一をドキドキさせていた

6話までで出てきている結の幼少期に関する情報はこんなところですね。

結はちょっと…いや、だいぶ鈍いところがあるので、宗一も佑志郎も結のことを好きだったのによくわかっていなかったっぽいです。

二人とも結のお婿さんになりたいとケンカまでしているのにw

それがまた結の魅力なのかもしれませんね。

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛・幼少期の結が宗一を魅了した理由

黒弁護士になるほどの魅力が結には小さいころからあったのか…という点ですが、決定打は宗一の一番欲しかった言葉をかけてくれたことが宗一を魅了したきっかけでしょう。

もちろん、かわいらしくて素直で太陽みたいな女の子と宗一が言っているので、そう言った面も惹かれた要因だと思います。

ですが、周囲の大人・父・義母・先生にもわかってもらえなかった宗一の深いところの心を一発で見破ったのが大きかったと思います。

まあ、お父さんはムリして笑っているのは気づいていたようですが、それをやめさせることもできなかったので…。

 

やはり、結の存在自体が大きかったと思います。

なので、やっぱり宗一が執着しちゃうのもわかりますし、絶対に誰にも渡したくなくなる存在になったのは早かったと思います。

ここからどんどん魅力的な女性になっていくのは納得かもしれませんね。

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛をまだ全話のネタバレ

まだ黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛の全話を読んでいないという方にはネタバレがおすすめ。

絵がないですが、作品の魅力がばっちりわかります💗

1話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanサイトへ)

※頻繁に無料キャンペーンや割引キャンペーンがあります♪
初回は最大6回まで半額になる券もありますよ!

※その都度、キャンペーンや割引は変わるのでチェックしてみてくださいね。