黒弁護士の痴情 佑志郎の小さい頃とのギャップがスゴイ!

さくらの恋猫

今回は黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛の当て馬役・佑志郎の小さいころに焦点を当てて見ました。

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛はPremium Kissに掲載されているすみ先生の作品です。

TL人気ランキング上位を常にキープしている作品で、結、宗一、佑志郎の恋愛を描いたものです。

まあ、佑志郎は当て馬という感じですが、宗一とはまた違った魅力を持った男性なので佑志郎の方が好き!という人も多いのではないでしょうか?

現在と比べると小さいころの佑志郎とはかなり変わっていてギャップがスゴイですw

それでは佑志郎の小さいころのかわいらしさをご紹介していきますね。

1話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanサイトへ)

※頻繁に無料キャンペーンや割引キャンペーンがあります♪
初回は最大6回まで半額になる券もありますよ!

ここから先はあらすじ&ネタバレありです。↓

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛の佑志郎の小さいころ

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛に出てくる佑志郎は小さいころからイケメンの設定です。

でも、小さい頃は天使のような外見で、成長した大人とはだいぶ印象が変わっていますね。

小さいころの佑志郎は…

    • 天使のような愛らしい外見
    • 人見知りがなく人懐っこい明るい性格
    • 結と隣に住んでいる幼なじみ
    • 宗一とは母違いの弟
    • 小さいころはよく3人で遊んでいた
    • 小さいころから結が好きで結婚したいと宗一とケンカしたことがある

といったところでしょうか。

現在と比べると想像できませんねw

天使のような外見…というイメージがないです。

むしろ、ヤンチャ系の悪ガキタイプだったのかと思いましたが、小さいころの絵を見ると確かに天使だわー。

宗一も天使でしたが、佑志郎も色白な感じの天使💗

めちゃくちゃかわいいですよね。

でも、徐々にワイルド系に育っていってしまって…。

それでも、やっぱり美形なのは変わらないようですね。

人見知りしなくて人懐っこい明るい性格というのは、成長しても変わらない感じがします。

イケメンということもあるのでしょうけど、周りに人が集まっている感じは現在に引き継がれており、変わらなくてよかったなと思います。

宗一は小さいころと比べ内面はかなり変わった感じですが、佑志郎はワイルドにはなったものの人とかかわるのが好きそうですよね。

残念なのが、小さいころはどうやら3人でよく遊んでいたらしいこと。

これは小さい頃みたいに3人でゲームするかという発言からわかりましたが、今は宗一とは険悪な感じですよね。

口を開けば突っかかっていて…。

小さいころのように仲良くしてくれるといいのに…と思いますが、なかなか難しいですね。

小さいころから結が好きで結婚したいと思っていたのはずっと変わらないようです。

今でも好きで仕方ないのが周囲にも漏れるほどなので、ある意味幼さが残っている気がしますね。

ああ、この頃の佑志郎をもう少し見たかったですが、今後もそこまで出てくることはないのかなと思います。

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛のまだ全話を読んでいない方はネタバレを読もう!

まだ黒弁護士の痴情を全話を読んでいないという方はネタバレがおすすめ。

絵がないですが、作品の魅力がばっちりわかります💗

1話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanサイトへ)

※頻繁に無料キャンペーンや割引キャンペーンがあります♪
初回は最大6回まで半額になる券もありますよ!