好きだ。挿れたら伝わる堅物オトコのひたむきな最愛7話 優しい嘘※ebookjapanより引用

今回は「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話のあらすじ・ネタバレ、感想・見どころまで紹介します。

和と直生の関係がじれったい!と思いながらも、どうしても和に幸せになってほしい、自分では幸せにできないと思い込んでいるのがありありとわかって(´;ω;`)

 

じれったいのが苦手な人は読まないでください!!

そして、じれったいのがドキドキする~♪という人には超おすすめ( ´艸`)

 

いやあ、和は鷲宮みたいな男では幸せになれない気がするんですけどねえ。

汚いじゃん!

 

やっていること汚いですよね!?(# ゚Д゚)

若いうちからすでにこんなに汚いとどんどん汚いこと平気でやっていきそうですよね。

 

だから、ずっとそばに居続けた直生こそ、幸せにできると思うんですよねー。

まあ、そういう固いところも好きですけど💗

 

まだまだ、和の想いは通じなさそうですね(´;ω;`)

 

めぐちゃんめぐちゃん

TL漫画依存症のめぐちゃんです。

ドキドキのあらすじ、直生の堅物すぎる性格やエロさ、和の可愛さなど、魅力をたっぷり紹介しますね。

TL漫画を月300冊以上読んでいるわたしのおすすめ作品なので、ぜひ試してくださいね。

いますぐ絵つきでチラ見したい人は、ここで無料試し読みできましたよ♪↓
7話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanへ)

※最大6回まで利用できる初回半額券もあるよ!

ここからネタバレあり↓

「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話あらすじ・ネタバレ 直生の気持ち

7話無料試し読みはこちら>>

「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話あらすじ・ネタバレを読んでもらうとわかりますが…今回も…じれったーーーーい!

というか、またもや鷲宮がことごとく邪魔している感じですね。

 

直生もそんな命令聞かなきゃいいのに…と思いますが、どうにも身動きできなくなっている感があります…。

「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話あらすじ・ネタバレをみると、まだまだ目が離せないですね。

 

和は鷲宮と身体の関係を結ぶと覚悟していたが、気持ちが鷲宮にない間はこういうことはできないと彼から拒否された。

鷲宮に自分の能力のことを話すと…それを信じてくれるという。

 

さらに、鷲宮はその力を使ってみたらと言い出し、和も決心する。

 

一方、鷲宮は直生に自分の気持ちを悟られないように心で嘘をつけと命令して!?

 

直生も和を抱く決心をして、和と二人きりになると激しく愛撫していく…。

気持ちよくされていく中で、和が聞いた直生の心の声は!?

 

鷲宮…汚い…汚すぎる…。(# ゚Д゚)

和の前ではすごくいい人風にしているからあっさり騙されそうになりますね。

 

というか、わたし、コロッと騙されますわっっ!

そして、直生もその命令に逆らわず…それが和のためと思っているのか…。

 

別におじいさまに反対されているわけじゃないんだから、そこは折れましょうよ?といいたくなりますねー!

はあ、意地っ張りはまだまだ続きそうですね。(´;ω;`)

 

いますぐ絵つきでチラ見したい人は、ここで無料試し読みできましたよ♪↓
7話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanへ)

「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話ネタバレ見どころは気持ちを押し殺して抱くシーン

「好きだ。」挿れたら伝わる…堅物オトコのひたむきな最愛7話ネタバレの見どころは、やはりHシーンです。

Hシーンでは直生に抱かれて、和が激しく感じまくってます💗

 

だから、声が聞こえなければ、やっぱり愛があるHに見えちゃいますねー。

好きな子を激しく求めている感じで…。

 

アソコを指で激しく刺激して、挿れてからも激しくて💗

必死で求めている表情がもう(´;ω;`)

 

多分、二度と抱けない…という想いもあり、余計激しくなっているのかも💗

めちゃくちゃ激しくて…表情も切ない…。

 

夢中になって抱いているけど、自分の心を偽ろうとしているのが(´;ω;`)

もう泣きそうです…( ;∀;)

 

そして、心の声を聴いた和の表情が(´;ω;`)

 

ああ、次回もすれ違っちゃうのかな。

鷲宮としちゃうのかなあ…それは嫌だなあ…。

 

いますぐ絵つきでチラ見したい人は、ここで無料試し読みできましたよ♪↓
7話無料試し読みはこちら>>
(ebookjapanへ)

※最大6回まで利用できる初回半額券もあるよ!

過去あらすじ・ネタバレ&関連記事
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 口コミ